今注目の4大SNS広告を比較、特徴・成功の秘訣をわかりやすく解説!

  • 「SNS広告の種類が多くて自店に適したものがわからない。」
  • 「SNSは利用したことがなくても運用はできる?」
  • 「費用対効果はある?」

このようなお悩み、疑問を抱えている経営者の声を多く聞きます。SNSが生活に欠かせない時代となった今、どのようにSNSを活用するかが成功するポイントになります。

今回の記事では、SNS広告の基礎知識と日本で代表的なSNS広告媒体を解説していきます。
SNS広告に少しでも興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

1.SNS広告とは?

昨今、スマートフォンの普及により、Instagram、Twitter、Facebook、LINEといったSNS利用者が年々増加しています。SNSを利用して情報収集する時代になり、生活に欠かせないツールとなりました。そのような時代の流れから、SNSに掲載できる広告が集客できるツールとして注目を集めています。SNSはユーザーのアカウント情報から精度の高いターゲティングを設定し、効果的に宣伝できるのがSNS広告の最大の魅力です。

2.4大SNSの特徴を解説

SNS広告で今注目されている「4大SNS広告」を1つずつ解説していきます。

2.1 Instagram広告

  • 特徴:Instagram広告は、画像や動画で視覚から宣伝できるのが最大の特徴です。広告の掲載形式が豊富にあり、宣伝したい内容(商品)に応じて適切な広告を選ぶことができます。Facebook、Messengerアプリと連携して広告を出せることも特徴の1つです。
  • ユーザー層:10代~20代の女性ユーザーが最も多く利用しています。美容やファッションなど、女性向けの広告は相性が良いでしょう。
  • 国内月間利用者数:3,300万人

Instagram広告もっと詳しく解説している記事
「初心者でもわかるインスタグラム広告の種類と費用を詳しく解説」

2.2 Twitter広告

  • 特徴:140文字以内のテキスト、画像、動画で広告掲載することができます。広告を見たユーザーが「リツイート」「引用リツイート」「いいね」により大量に拡散することができるのが特徴です。
  • ユーザー層:10代~40代と幅広く利用されていますが、特に20代の若年層が多く利用しています。
  • 国内月間利用者数:4,500万人

Twitter広告もっと詳しく解説している記事
「Twitter広告を始める前に読む!基礎知識とかかる費用を詳しく解説」

2.3 Facebook広告

  • 特徴:Facebookはユーザーが実名でアカウントを作成し、年齢・地域・勤務先などのデータも登録するため、そのデータを基に精度の高いターゲティングを設定することができることできます。Instagram、Messengerアプリと連携して広告を出せることも特徴の1つです。
  • ユーザー層:20代~40代の年齢層が利用しています。比較的高い年齢層のユーザーが多く利用しています。
  • 国内月間利用者数:2,600万人

Facebook広告もっと詳しく解説している記事
「初心者でもよくわかるFacebook広告の基礎知識と広告費用を解説」

2.4 LINE広告

  • 特徴:LINE広告は月間利用者数が国内では圧倒的に多く、前世代で幅広く利用されています。他のSNSはエンターテイメント性が高いのに比べ、LINEは通信の社会基盤となっており、毎日利用するというユーザーは85%に達しています。
  • ユーザー層:全世代で幅広く利用されています。
  • 国内月間利用者数:9,200万人

LINE広告もっと詳しく解説している記事
「初心者でもLINE広告を運用できる!基礎知識と掲載費用を丁寧に解説!」

3.SNS広告を成功させる4つの秘訣

SNS広告で効果を上げるには、以下4つの秘訣を紹介します。

3.1 良質なコンテンツ(広告)を作る

SNS広告は、クオリティの高いコンテンツ制作が必要です。SNSを見慣れているユーザーはハイクオリティな画像や動画に慣れています。第一印象でパッと目に留まる、思わずクリックしてしまいたくなるようなコンテンツは必須です。ターゲットの心に響くような広告の見せ方を研究しましょう。

3.2 目標を明確にする

SNS広告の目標を明確にしないままにしておくと、十分な広告効果が期待できません。SNS広告の特徴である精度の高いターゲティングを活用して、ターゲットユーザーに効率よく情報が届くことが重要です。また、目標を明確にすることで、今後のマーケティング戦略も広げることができるでしょう。

3.3 炎上に気を付ける

SNS広告はたくさんの人に見てもらえるというメリットがありますが、逆にユーザーが少しでも不快感を持ってしまうと炎上につながる可能性があります。1度炎上し、悪いイメージがついてしまうと、そこから信頼を取り戻すにはかなりの時間と労力がかかります。広告内容は何度もチェックし、細心の注意が必要です。

3.4 影響力のあるインフルエンサーを起用する

SNS上で大きな影響力のあるインフルエンサーに自店のサービスや商品を紹介してもらうことで、認知や購買意欲向上につながります。インフルエンサーのフォロワーは、そのジャンルに興味があるユーザーが多く、効率よくターゲットユーザーに情報が届き、認知や購買意欲向上が期待できるでしょう。ポイントは、広告の目的やイメージに合ったインフルエンサーを選ぶことが重要になります。

さいごに

いかがでしたか?
今、注目されている4大SNS広告がどういったものなのかがご理解頂けたかと思います。SNS広告は、今最も注目されている広告の1つです。初心者からの運用スタートであってもトライアンドエラーを繰り返しながら成功することができます。SNSの特性を理解することが成功の秘訣です。SNS広告に興味があり、運用を検討している方は、この機会に始めてみることをおススメします。

この記事を書いた人

広田 淳