美容サロンでPR動画が話題に!宣伝効果に直結する作り方を解説

美容系サロンの宣伝方法といえば、チラシにネット広告、フリーペーパーの媒体を利用するなど使える手段は多岐にわたります。近ごろでは集客・宣伝方法のひとつとしてPR動画が注目されています。今回は宣伝に繋がる動画の作り方、そしてどのような効果があるのか解説していきます。
ぜひ参考にしてみて下さい。

1.PR動画に求めること

近年、SNSの利用率が急増して動画(広告)市場が急激に拡大しています。
PR動画とは、商品やサービスの知名度向上・ブランディング戦略のために活用する動画のことです。今や自身で動画撮影から編集までこなせる人が多くなり、ホームページやSNSに投稿して定期的に更新することができます。 なかでもインスタグラムのPR動画は、20代~30代の若年層の7割が動画再生した経験があるといわれています。(下記参照)

◆美容に関しての動画を見た経験がある
①コスメやメイク、ネイルなどのHOW TO動画・・・約80%
②ヘアスタイル・アレンジのHOW TO動画・・・約74%


◆店舗のPR動画に興味を持ったきっかけ、好感を持つ条件
①センスが良くておしゃれ、技術力が伝わる・・・約70%
②施術内容が説明付きなので分かりやすい・・・約48%


以上のような数字になりますが、店内のPRと一緒に動画を見ているユーザー自身がお手入れを難なくできる要素を含んだ紹介があると、興味を持ってもらえるようです。

2.美容サロンの魅力を伝えるPR方法

本来、美容サロンは来店したお客様を綺麗に仕上げるといった、とても魅力的な職業です。PR動画は、その魅力を大勢の人に伝えてお店に足を運んでもらえることに注力しなければなりません。近頃では、スマートフォンなどのクオリティが高いため、簡単に自身で撮影し編集までできるようになりました。ここでは、PR動画を魅力的に伝えるための作り方を紹介したいと思います。

2.1 ターゲット層を決める

PR動画を撮る場合、どのようなお客様に見てもらいたいかターゲット層を決めておきましょう。撮影に協力してもらうモデルを選ぶときはターゲット層に近いということは必須です。例えば、美容室で年齢層の高い人をターゲットにしているのに若いモデルを使っても見たユーザーはしっくりいきません。もちろんその逆パターンもあります。PR動画を見たユーザーは、自分と置き換えて見ることが多いので想像力が膨らむ内容で制作をするようにしましょう。

2.2 店内の雰囲気とスタッフ(技術)を紹介

ユーザーにとってお店の雰囲気やスタッフの人柄・技術力はとても気になります。
店内を紹介する際は、明るく自然光が入った晴天日を選んで撮影しましょう。もし照明に頼る場合は、スタンド型のLEDを使うと良いです。美容サロンのイメージである、おしゃれ感や清潔感・美しさを全面的に押し出していきましょう。

美容師の紹介でカットの様子や仕上げのスタイリング、接客シーンはスタッフの技術や人柄を十分にアピールできるチャンスです。スタイリストの手さばきは技術力をアピールできるので、必ず手元のアップを多めに撮影しましょう。また、可能であれば実際に利用しているお客様に施術やお店のイメージなどについてのインタビューを依頼してみても良いです。生の声を紹介することで、ユーザーに親近感を持たれて効果的です。

2.3 目的別にサービスオプションの紹介

冒頭の「◆美容に関しての動画を見た経験があるジャンル」にも紹介しましたが、動画はユーザーに自己体験ができるような「HOW TO紹介」を取り入れることも大切です。サロン紹介に加え、以下のようなセルフでできるヘアアレンジなどを取り入れると、喜ばれるとともに動画が拡散されて店舗の認知度もアップします。

①プロから学ぶ自宅でできるヘアアレンジ編の紹介動画
②髪に優しいドライヤー(ブロー)・ブラッシング方法の紹介動画
③自分でできる前髪カットのコツなどの紹介動画


特に①は一般の人がyou tubeで紹介をしている動画もありますが、プロならではの美容師目線で工夫した紹介方法で視聴してもらうようにしましょう。

2.4 動画制作会社への依頼

ここまでは、自身でPR動画を作る方法を紹介しましたが、「時間がない」「自分で制作する自信がない」などの理由で撮影が難しい方もいらっしゃいます。ここでは、予算が許す限り、企画や撮影をプロに任せたいという方に動画制作(編集)会社を紹介したいと思います。

ASOBOAD
編集作業だけを依頼したい場合、美容室で撮影したデータを預かり無理なく低価格で動画編集を代行してくれる制作会社です。(※動画編集価格プランは3つ用意されています)
複数の映像をつなげてストーリー性のあるPRに編集します。
オプションは有料ですが、ナレーションや効果音、音声の文字起こし、テロップなどがあります。

グローバル ジャパン コーポレーション
約60業種×4000社の動画制作の実績があり、お客様のヒアリングにより企画から構成・絵コンテまで無料で制作します。また、動画修正があった際には、無制限・無料で修正可能です。料金体系は3つのパターンがあり、それぞれに企画・台本やナレーション、効果音・BGMが組み込まれています。
マーケティングに強く、競合店を意識した差別化を考え「この美容サロンならではのPR動画」を立案してくれます。

3.美容サロンのPR動画による効果

PR動画による認知度や集客に約6割以上の企業(美容サロン含)が効果を感じていることが分かりました。では、PR動画の活用によってどのような効果があるのかみていきましょう。

①短時間でも分かりやすく、ターゲット層に向けた情報を伝えられる。
美容に関する流行をいち早くキャッチしたい若年層は、積極的に動画(情報)を探しています。情報の発信源である美容サロンで若年層に向けたPR動画が成功すれば、瞬く間に拡散し大きな宣伝効果が生み出されます。短時間でもサロンのイメージを凝縮してPRすることで十分見る側に伝わります。

②SNSによる情報の拡散されやすい
人づてに広がるSNSは情報がシェアされるため、評価が高ければ大きく拡散されます。
SNS拡散による効果は、安価な宣伝方法でユーザーによるクチコミが発生し、認知度が上がることで売上拡大に繋がります。

③PR動画は視覚・聴覚に働きかけ、印象を与える
PR動画は、視覚・聴覚の両方に訴えかけることができるので、人の心に響きます。また、美容サロンの施術一連をストーリー展開することで、ユーザーが動画の世界に引き込まれて印象に残り、自分もこの美容室に行ってみたいと思うようになります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。PR動画は短い時間でターゲット層に向けて情報発信することができるので、とても効果的な宣伝方法です。競合店が多い美容サロンは独自性のあるPR方法でユーザーの目に留まる動画を作ることを心掛けましょう。

この記事を書いた人

広田 淳