自宅で美容サロンを開業したい方~準備から注意点まで解説~

美容サロンを自宅で開業するにあたって、メリット・デメリットを知りたい。
自宅の一室で美容サロンを検討しているが、注意すべき点を教えてほしい。
自宅サロンの開業準備は?また、資金の目安を知りたい。


美容サロンの独立や開業を考える際に、選択肢として自宅を改装し店舗兼自宅で営業したいと考えている方がいらっしゃいます。とはいえ、自宅での開業は上記のような不安や疑問などを感じている方も多いです。今回は自宅サロンの開業にあたっての準備や注意点などを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

1.自宅サロン開業のメリット・デメリット

美容サロンを開業する際、家賃などの固定費が軽減されるので、最初から自宅サロンとして開業を考えている方が多いです。しかしその一方で、検討はしているがプライベートの場でもある自宅をサロンにすることで、不安を抱いている人も多くいらっしゃいます。
自宅サロンを開業する上でのメリットやデメリットは存在しています。

<メリット>
①固定費・初期費用の負担が軽減されます。
テナントを借りた場合、初期費用に加えて家賃の支払いが毎月継続します。また、サロンの空間作りのために内装費もかかります。その他、保証金や毎月の水道光熱費などの支払いが必要になります。自宅サロンの場合は、住まいの一室を施術スペースにして、最低限の機材や消耗品などがあれば営業は可能です。また、毎月の家賃も自宅と仕事場が一緒なので、固定費が抑えられます。

②ライフスタイルに合わせられる
家事・子育ての合間や仕事を持ちながら副業として休日を利用して働くことが可能です。また、完全予約制にすることでワークバランスが充実します。自分のペースで自由な時間で働けることは大きなメリットです。

③固定客が付き、しっかりと向き合える
自宅サロンの強みは、お客様同士が会うことがないのでプライベート感があり、お客様にとって1対1で丁寧に施術・接客をしてくれるという安心感を持っていただけます。敢えて自宅サロンを好んでいらっしゃるお客様は数年先まで定期的に通うことが多いです。

<デメリット>
①プライベートと仕事の区別がつけにくい
お客様が帰った後でも、ブログや売上計算、サンクスメールなどやることが盛りだくさんです。普段の暮らしの中に仕事用スペースを置くことで、オンとオフの区別がつけにくくなるので、切り替えが難しくなります。

②集客のための宣伝が難しい
テナントなどを借りるサロンの場合、集客を得るためには大々的な広告宣伝が可能ですが、自宅サロンの場合、不特定多数に住所などを公開することに抵抗を感じる人も少なくありません。ホームページやブログなどには市区町村や地区名までの住所を載せ、予約や問い合わせなどがある時だけメールのみで対応する方法を取っているサロンが多いです。ただし、住所や電話番号の掲載がないサロンより、全てのサロン情報が載っている競合店のほうが集客宣伝効果は強いと言えます。

③立地を選ぶことが出来ない
自宅が仕事場となるので、当然ながら立地は選べません。サロンを開業する際、コンセプトとなるターゲット設定をしますが、自宅サロンは顧客層の見直しが必要となります。

2.業種別自宅 サロンの開業準備

美容業界の業種といえば、美容室や理容室、エステ、ネイルなど様々なサービスや技術を提供しています。特に美容業界で働いている人は、数年経ったところでそろそろ自分で開業を考えていらっしゃる方が多いようです。ここでは、業種別に自宅で美容サロンをオープンする際に必要な準備を解説していきます。

2.1 エステサロンの必要な準備

自分の店舗スタイルが決まったら、先ず初めに初期費用の計算を行います。

≪必要な開業資金の目安≫
内装費・・・・20~50万円
エステ設備機器・・・・20~50万円
消耗品(タオルやシーツなど含む)・・・・10万円
宣伝広告費・・・・30万円

合計で80~140万円ほどの用意が必要となります。但し、内装にこだわらずシンプルな床や壁で仕上げる場合は両方合わせても20万円弱(内装費)で済みます。もちろん簡単なDIYであればお金はかかりません。その場合はインテリアやカーペットなどで清潔感や高級感をだすように工夫すると良いでしょう。
エステの宣伝は、お客様がサロンに通った後に「ビフォーアフター」の写真を発信することよくあります。但し、写真の加工は避けましょう。多くのユーザーは見抜くことができるので、サロンに不信感を抱いていてしまう可能性があります。

2.2 ネイルサロンの開業資金

ネイルサロンの場合、大きな設備機器の必要はありませんが、80~120万円程度の資金を用意しておくと良いでしょう。

≪必要な開業資金の目安≫
内装費・・・・20~50万円
椅子やテーブルなどの家具・・・・10万円
ネイル用品・・・・15~25万円
広告宣伝費・・・・30万円

内装費に関しては、エステサロンと同様に自身でインテリア用品を揃え、床や壁を仕上げれば低費用で収まります。ここで1つ宣伝方法を紹介します。ユーザーからネイルデザインを探し、サロン予約が可能な「ネイルブック」というアプリがあります。クチコミ評価が広がって新規顧客の獲得にも繋がるため、活用しているサロン経営者が多いです。

2.3 理・美容室の必要な準備

理・美容室はエステやネイルサロンのようにマンション居住での開業は難しいため、殆どが戸建ての1階部分を内装して営業を続けていることが多いです。自宅での美容室は、固定客がつけば長年通って頂き、お客様のクチコミによる宣伝効果が高いのが特徴です。

≪必要な開業資金の目安≫
内装工事・・・・1坪あたり10~30万円が相場
椅子や鏡・・・・1台15~25万円
シャンプー台・・・・1台50~100万円
シャンプー剤などの消耗品やその他備品・・・・20~30万円
広告宣伝費・・・・30万円

美容室の場合、スペースなどによって費用が異なります。また、給排水に関しても設置する必要があるので配管工事などをすると坪単価が高くなります。内装業者は一か所に限らず数か所から見積もりを出してもらい、予算と合わせることをお勧めします。ここでは、美容機器やパーマ剤などの美容専門通販サイトを紹介します。業務用のため低価格で購入できるビューティーガレージというサイトがあります。ただし、発注後から入荷まで1ヶ月程度かかることがあるので注意しましょう。

3.自宅サロン開業においての注意点

個人サロンならではの自分スタイルで施術や接客などの提供ができるのはとても魅力的です。何といっても初期費用が抑えられることは嬉しいことです。しかし、自宅サロンだからこそ注意をしなければならないこともあります。ここではサロン開業での注意点を解説します。

◆開業届の提出
どんな業種でも個人事業主として自宅でサロンを開業する場合、税務署に「個人事業の開業届出・廃業届出等手続」を、事業運営する所轄の税務署へ提出します。(詳しくは⇒国税庁HP)開業後1ヶ月以内に提出することを推奨されています。

◆マンションの一室での営業許可
サロンが自宅マンションの場合、賃貸契約の内容として店舗営業が可能かどうか仲介業者あるいは大家さん(管理会社)などに確認をして、営業許可を取得しておいた方が良いでしょう。もし許可がないまま、営業してしまった後に他の住居者から何らかのクレームなどがあった場合、マンションのオーナ―サイドから撤去を強いられることがあります。

◆自宅兼店舗の経費を按分する
家賃や水道光熱費などは、プライベート用と事業所用が入り混じっているため家事按分制度に従い、使用率の割合を計算して家賃や水道光熱費・通信費などの一部を経費として計上ができます。その結果、経費計上ができるので節税対策に繋がります。
但し、確定申告後の調査で問題視されないように、経費として処理が可能か不可なのか判断できないものは、必ず事前に税務署に確認しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。自宅でのサロン開業にあたってのメリット・デメリット、そして費用や注意点について解説しました。自宅サロンならでなは注意点を把握し、さらにメリット・デメリットを比較しながら開業に向けて準備を始めていきましょう。
さまざまな視点を持って、どのような取り組みが必要なのか見極めることが出来れば、成功する可能性は十分にあります。

この記事を書いた人

広田 淳