ハッピーアワーで集客・売上アップに繋がるのか・・・徹底検証!

近年、ハッピーアワーを導入している飲食店が多くなりましたが、どのような効果があるのかと思っている方も多いのではないでしょうか。実はハッピーアワーには大きな目的があります。今回はハッピーアワーのメリット・デメリットから導入する時の様々なアイデアなどを紹介します。

1.ハッピーアワーとは

ハッピーアワーとは、レストランやバー、パブなどの飲食店が酒類の割引などを行うサービスタイムのことをいい、一般的には月曜から金曜までの午後4時~7時頃に実施されていることが多くあります。ただし、飲食店の業態によっては土日・祝を含むケースもあり、深夜営業をメインとしているクラブなどでは午前0時までの時間帯にハッピーアワーを設けている場合もあります。いずれにしても営業しているお店が混雑するまでの時間帯がサービスタイムになるということになります。また、国によってハッピーアワーの内容に違いがあり、一部のヨーロッパ諸国ではアルコールの価格を規制しているため、割引は禁止されています。よってアルコールを倍の量で提供したり、イタリアではドリンクの価格割引がない代わりに無料でおつまみを提供しています。しかし、仕事が終わって職場の同僚と軽く一杯というパターンはどの国も殆ど同じで、ハッピーアワーを実施しているエリアもオフィス街が多く見られます。

2.ハッピーアワーの目的とは何か?

そもそもアルコールを割引や半額などにしたら、ハッピーアワーの時間帯だけを利用してしまうのではないか?割引などしたら儲からないのではないか?など不安に思ってしまうかもしれません。確かに不安材料もありますが、集客・宣伝が目的でハッピーアワーを導入している飲食店がほとんどです。目的に合った対策をとっていれば効果は得られます。

夕方前後の比較的暇な時間帯でも光熱費はかかり、スタッフの人件費は当然発生します。ハッピーアワーを導入することで、夕方の早い時間に客数が増え、利用してもらえれば、人件費や光熱費の両方をカバーできるだけの売上高に達成できるかもしれません。また、しっかり宣伝をしていれば新規来店客にも期待がもてます。最近では働き方改革によって退社時間が早くなったビジネスマンや若い女性などの新たな客層の獲得にもつながっています。退社が早くなって、ちょい飲みするビジネスマンなどは「いつもの店に行く」というケースが多いので、来客頻度が高くなります。宣伝による集客はもちろんですが、入店していただいたお客さんにお店の魅力を伝え、再び来店してもらうことも目的の一つです。

2.1 メリット

多くの飲食店が取り入れているハッピーアワーは、さまざまメリットがあります。
どんなメリットがあるのか、解説していきましょう。

  1. ハッピーアワーの継続
    ハッピーアワーはディナー営業が始まる前の混雑を避けた空き時間を有効的に活用したサービスタイムです。通常のアルコール価格から割引をすれば、入店客がお得感を感じて注文も増えてハッピーアワーの時間が過ぎてもそのまま利用してくれることも多いはずです。ハッピーアワーが終わっても継続して利用していただければ売上につながります。
  2. 集客・リピーター
    飲食店の混雑状況を避けた時間帯にお客さんを呼び込むことにより、入店客が増えて集客率も上がります。また、入店客がお店を魅力だと思えば何度も足を運ぶようになり、リピートしてくれる可能性が大いにあります。
  3. 宣伝の効果
    アルコールを取り扱っている飲食店はディナー営業が主体でありながら、宣伝のためにランチ営業をしている飲食店は少なくありません。しかし、ランチタイムは時間が限られているので注文数は増えません。その点、ハッピーアワーでの宣伝は効果的です。サービスの時間が限られているとは言え、その時間帯ならではのひと工夫したサービスの宣伝ができるチャンスでもあります。サービスの宣伝は店舗の認知度アップにもつながります。

2.2 デメリット

ハッピーアワーのメリットを幾つかあげましたが、当然デメリットも発生します。ハッピーアワーを利用して割引価格でお酒を飲むと、正規料金の時間帯での利用が減少する場合があります。前述したサービスタイム後も利用継続してくれるメリットもあると解説しましたが、ハッピーアワー終了後にお客さんが帰ってしまう可能性もあります。また、お酒の割引は入店客数も増えて集客率は上がりますが、割引などの提供で客単価が下がってしまい、あまり利益の期待はできないこともあります。ハッピーアワーを設けると、たくさんのメリットがある反面リスクも存在するということを把握し、様々な対策を練った方がいいでしょう。

3.ハッピーアワーの集客アイデア

先程、ハッピーアワーを導入することによるメリット・デメリットを解説しましたが、デメリットを少しでも減らすため、効果的なアイデアを紹介したいと思います。

3.1 宣伝が大切

ハッピーアワーを導入するのであれば、宣伝することがとても重要です。人目がつく場所であるお店の入り口付近に看板やのぼりを置くことで、早い時間にお店を探している人はもちろん、そうでない人にも目に留まり見てくれることが多いです。特にビジネス街でハッピーアワーを実施している飲食店は、その周辺の人をターゲットにしているので、宣伝のために目立つ場所を確保していればアナログ的な宣伝で十分効果はあります。ただ、その時に気を付けなければならないのが、看板は歩行の邪魔にならない、できるだけ通行人の目線に合った場所に設置することです。その他チラシやポスター、グルメサイトのページなども効果的です。もちろんホームページやLINE、FacebookなどのSNSを上手に利用してハッピーアワーの情報を拡散するのもいいでしょう。出来れば看板・チラシやホームページといった複数の宣伝を組み合わすことで、集客アップにもつながります。

3.2 限定メニューで付加価値をつける

ハッピーアワーの多くは、その時間帯でしか飲めないアルコールの半額や割引、一杯目無料といったサービスですが、「店主おすすめ料理」または「おすすめ厳選日本酒」などを限定メニューとして用意し、それが目当てで来店する仕組みを作ることも大切です。その代わりにお酒の割引などは設けず、ハッピーアワーだけに提供する限定メニューです。毎日の実施ではなく、曜日や月毎でメニューを変えて情報を提供していけばハッピーアワーに付加価値を与え集客につながります。アルコールの価格割引を避けるのであれば、珍しい料理や品質を向上させたメニューを取り組むのもいいでしょう。

3.3 価格設定の見直し

ハッピーアワーの価格設定は重要なポイントです。アルコールを一律50%offで提供してしまうと、酒類の原価が違う場合が多いので注意しなければなりません。例えば原価200円のビールと100円のハイボールが通常価格500円として、両方ともハッピーアワー半額の250円で提供するとビール50円、ハイボール150円の利益になります。全てのドリンクを半額や割引にするより、一杯目のビールを無料にするとかビールとハイボールなどの価格の差をつけるといった価格設定をすることも必要です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回はハッピーアワー導入によるメリットから集客のためのアイデアまで解説しました。多くの飲食店が同じ目的でハッピーアワーを導入しています。ハッピーアワーはお店独自のサービス提供と集客を得るために活用すると、とても有効的な戦略になると思います。戦略が成功すれば必然的に売り上げも上がります。是非、お店に合ったハッピーアワーのサービス方法を見つけて導入してみてはいかがでしょうか。