クラウドファンディングで成功へと導く秘訣とは?!

クラウドファンディングとはインターネット上で不特定多数の方達から「共感」をベースに、賛同した人から資金を投じる仕組みとなっています。飲食店の開業や移転資金をするにあたって、クラウドファンディングはとても重要なツールの一つです。資金提供の呼びかけで比較的簡単に誰もが活用できるということで利用者が年々増えてきています。しかし、活用できる誰もが簡単に目標金額に達成できるとは限られていないことは事実です。
そこで今回は、クラウドファンディングというツールを活用することによって失敗も含め成功に導く秘訣をご紹介いたします。

1.クラウドファンディングを利用する理由は?

近年、開業資金の調達のため利用されているのがクラウドファンディングです。金融機関からの借り入れも資金調達の手法ではありますが、なぜクラウドファンディングを活用してプロジェクトを立ち上げ支援を募りたいのか、その理由を調べてみました。

  1. 開業前にファンや顧客などの集客力が見込める。知名度UPに繋がる。
  2. 資金調達による返済は原則必要なし。資金はモノやサービスといったリターンもできるシステムがあり、それにより宣伝効果が得られる。
  3. 支援者がサポーターとなり、マーケティング効果も得られる。

1.~3.で共通していることは宣伝を効率よく情報拡散ができるということと、開店後も支援者と起案者の良好な関係が築ける理由の一つでもあるようです。

2.成功の裏にはこんな失敗もある!?

クラウドファンディングを活用しても必ずしもプロジェクトを実行できるとは限りません。目標金額に達成していなければ開業することはできません。未達成になってしまった場合とその原因を記述してみたいと思います。

2.1 達成できなかった後の支援者への対応

目標金額に達することができなくても少なからず支援者はいたはずです。
以下、タイプによって支援者への出資金の対応が異なります。

  • 購入型→日本で一番多く利用されている購入型は目標額に1円も満たなかった場合は、支援者に全額返金しなければなりません。「達成後支援型」といって契約が成立しないプロジェクトがスタートすることはありません。
  • 融資型→購入型同様に募集期間内に目標金額が達さなければプロジェクトは成立できません。資金も支援者に返金されます。
  • 寄付型→目標金額の達成に関係なくプロジェクト実行され、返金の必要もありません。「即時支援型」とも言われています。

2.2 未達成の原因

支援者に対して資金集めの為の目的や目標が曖昧なプロジェクト内容によって、出資者が不安を抱えてしまったり、価値が見出せないといった印象を与えてしまっているようです。プロジェクト内容を載せる際は、きちんと明確にして更に写真や動画などを使用するのもいいです。また、支援者はリターンがあることも楽しみの一つです。そのリターンの用意を確保ができなければ達成にも至りません。魅力的な内容の用意とプロジェクトと見合った価格を設定するといいでしょう。

3.プロジェクト公開初日から数字で知る予測成功率

プロジェクトの公開スタートからゴールまでの成功率をご紹介します。

  • 公開から5日以内に目標金額の20%の支援が入っていたら90%の成功率
  • 公開から5日以内に目標金額の10%の支援が入っていれば70%の成功率

公開の初日と最終の数日間は成功を左右する重要な期間となります。

4.クラウドファンディングの成功のための重要ポイント

4.1 リターン設定

先に述べた未達成の原因のなかでもありましたが、支援者のリターン内容は出資目的の一つでもあります。支援者にとって魅力的なモノやサービス、価値に見合ったリターンを用意することが成功の近道だといえます。

4.2 早い段階での情報発信を活用する

クラウドファンディングページでの掲載をする前に、TwitterやFacebookなどSNSによるプロモーション活動をすることが重要です。情報発信を前もってすることにより、クラウドファンディングのページへと誘導できるといえます。事前にファンも増えてきます。

4.3 具体的な計画

インターネット上だけで支援者からの賛同を得ることは難しいことです。プロジェクト(飲食店開業)の前に念入りな計画を立てて、必要資金や実施スケジュールなどの明確な説明内容の資料を作成しておきましょう。開業のきっかけや背景などを分かりやすくストーリ性のあるものにして支援者に伝えることも重要です。また、具体的な必要金額を提示すれば支援者からの信頼も得られます。

さいごに

クラウドファンディングを成功させるためには問題点や万が一の失敗も念頭にいれて、計画をたてていくといいでしょう。
成功へと導くためには計画内容や宣伝活動で支援者に共感をしてもらわなければ何も始まりません。プロジェクトページは観てくれる人の視点を考えて伝えるようにするとよいかと思います。SNSなどでコミュニティの活性化を図り、プロジェクトを盛り上げていくことも重要です。また、最後まで支援者に感謝の気持ちを表し、信頼関係を築くことも成功の秘訣の一つです。
この記事で一つでも皆様の大切な飲食店プロジェクトのお役に立てたれば幸いです。

この記事を書いた人

hirotax.jp