【飲食店/美容サロン向】キャッシュレス決済サービス5社を徹底比較!

  • 「キャッシュレス決済を導入したいが、手数料は高い?」
  • 「キャッシュレス導入を考えざるを得ない状況なのだが、どこを選べばいいかわからない。」
  • 「キャッシュレス決済代行事業社を比較したい。」

このようなお悩みを抱えている経営者の声を多く聞きます。
この記事では、キャッシュレス決済を導入しようと検討している経営者に向けて、キャッシュレス決済導入の必要性、サービスを導入した時のメリット、おすすめ5事業社の特徴と料金を徹底比較していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1.キャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済とは、現金を使用しない支払い方法のことです。キャッシュレス決済には、「クレジットカード決済」「電子マネー決済」「QRコード(スマホ)決済」の3種類あります。
決済システムを導入する場合、それぞれの決済サービス会社と直接契約することもできますが、多数あるため、おすすめしません。決済代行サービス会社を利用し、決済サービスの種類を一括契約することで一元管理を行うことをおすすめします。

2.キャッシュレス決済導入のメリット

キャッシュレス決済を導入することで多くのメリットが得られます。
ここでは、キャッシュレス決済を導入すると得られるメリットを3つ解説します。

2.1 レジ業務の効率化ができる

キャッシュレス決済を導入することで、現金の受け渡しなどの業務が不要となるため、従業員の負担を軽減することができます。また、会計する時間がスムーズに完了し、お客様を待たせる時間が少なくなるため、お客様満足度の向上にもつながります。

2.2 防犯対策になる

必要最小限の現金を管理すればいいので、万が一、強盗や盗難が起こった場合でも被害を最小限にとどめることができます。

2.3 新規顧客を獲得できる

近年では、現金を持ち歩かないという人が増えているため、キャッシュレス決済が使えないお店は避ける傾向にあります。また、世界的には、キャッシュレス決済化が進んでいるため、外国人観光客が多い店舗では、多くの顧客獲得が期待できるでしょう。

3.おすすめのキャッシュレス決済代行事業5社を徹底比較

3.1 Air ペイ

【Airペイ公式】

■特徴

  • 株式会社リクルートライフスタイルが運営するキャッシュレス決済サービス会社
  • テレビCMでたくさん流れていることから知名度はとても高い
  • 決済サービス会社が多数対応している

■対応OS 

  • iPhone 
  • iPad

■費用

  • 初期費用 20,167円(カードリーダー代) ※キャンペーン開催時は無料
  • 月額費用 0円
  • 振込手数料 0円
  • 入金タイミング 月3回もしくは6回 ※銀行による

3.2 楽天ペイ

【楽天ペイ公式】

■特徴

  • 楽天が提供するキャッシュレス決済サービス会社
  • 多くの楽天ユーザーを集客できる
  • 365日翌日自動入金(楽天銀行のみ)が可能

■対応OS 

  • iPhone
  • iPad
  • Android

■費用

  • 初期費用 19,800円(カードリーダー代)※キャンペーン開催時は無料
  • 月額費用 0円
  • 振込手数料 楽天銀行は0円、それ以外は330円/回
  • 入金タイミング 楽天銀行は翌日、それ以外は翌営業日

3.3 STORES(旧コイニー)決済

【STORES(旧コイニー)公式】

■特徴

  • ヘイ株式会社が運営するキャッシュレス決済サービス会社
  • 分割払い、リボ払いに対応可能
  • 交通系電子マネーの決済手数料が業界最安の1.98%

■対応OS 

  • iPhone
  • iPad
  • Android

■費用

  • 初期費用 19,800円(カードリーダー代)※加盟店審査通過月を含む6ヶ月以内に、単月20万利用で無料
  • 月額費用 0円
  • 振込手数料 10万円以上無料、10万円未満200円/回 ※自動入金は無料
  • 入金タイミング 月6回(手動入金)もしくは、月1回(自動入金)

3.4 Uペイ

【Uペイ公式】

■特徴

  • USENが運営するキャッシュレス決済サービス会社
  • カードリーダーが無料レンタルできるので初期費用がかからない
  • Uペイ端末バッテリーが長持ちなため、デリバリーなど外でも安心して決済できる

■対応OS

  • iPhone
  • iPad
  • Android

■費用

  • 初期費用 0円
  • 月額費用 0円
  • 振込手数料 みずほ銀行/住信SBIネット銀行無料、それ以外180円/回
  • 入金タイミング クレジットカード月2回、電子マネー月1回、それ以外は翌日入金

3.4 Square

【square公式】

■特徴

  • Squareが運営するキャッシュレス決済サービス会社
  • Square専用カードリーダー端末は他社と比べてリーズナブル
  • 入金サイクルが早い

■対応OS

  • iPhone
  • iPad
  • Android

■費用

  • 初期費用 7,980円(カードリーダー代)
  • 月額費用 0円
  • 振込手数料 0円
  • 入金タイミング 三井住友銀行、みずほ銀行は翌営業日、それ以外、毎週金曜日

4.キャッシュレス決済代行サービス比較一覧表

5.キャッシュレス決済導入時に注意すべきこと

キャッシュレス決済は、現金として手元に入金されるタイミングが決まっており、その場で売上が入金されません。そのため、店舗の運営資金が手元からなくなってしまい資金繰りに困ったというケースも多く聞きます。入金サイクルはしっかり確認し、運営資金に困るような事態にならないように注意が昼用です。

さいごに

近年は、現金での支払い決済が減少し、キャッシュレス決済を利用する人が増えています。特に若年層は、現金での支払いを嫌う人が増えていて、キャッシュレス決済を導入していない店舗は避けられてしまう傾向があります。
また、日本政府もキャッシュレス決済を推奨しており、2025年までに4割程度のキャッシュレス決済比率を目標に取り組んでいます。このようなことから店舗でのキャッシュレス決済は、年々重要性が高まっているといえるでしょう。

この記事を書いた人

広田 淳