【飲食店必見】SNSキャンペーンを活用して集客する!成功事例を紹介!

  • 「各SNSキャンペーンについて教えて欲しい。」
  • 「飲食店のSNSキャンペーンはどんなものがある?」
  • 「SNSで実際に集客に成功した事例を知りたい。」

このようなお悩みや疑問を抱えている飲食店経営者の声を多く聞きます。
この記事では、各SNSのキャンペーンの種類や特徴、キャンペーンを活用して実際に集客に成功した事例を紹介している記事になっています。是非、参考にしてください。

1.SNSキャンペーンとは?

SNSキャンペーンとは、Instagram、Twitter、LINE 等のSNSを活用したマーケティング施策です。
昨今では、集客方法の1つとしてSNSキャンペーンを取り入れているお店が増えており、飲食店経営では重要な集客ツールになりました。その内容は、割引やプレゼントなど、ユーザーにとって魅力的で、思わずシェアしたくなるようなキャンペーンがさまざまあります。
飲食店の集客効果や売上アップに期待ができるSNSキャンペーンの種類や成功した事例を解説していきます。

2.SNSキャンペーンのメリットとは

2.1 新規ユーザーを獲得できる

SNSキャンペーンに応募するには、先ずお店のアカウントをフォローしてもらうことが条件です。
その為、短期間で多くの新規ユーザーを獲得することができます。キャンペーン終了後も獲得したフォロワーに情報発信し、お店の宣伝をし続けることができます。

2.2 お店の認知度を拡大できる

SNSに投稿した内容を見たユーザーが「いいね!」「リツイート」することにより、今までお店の情報を届けることができなかったユーザーに宣伝することができます。お店の認知度拡大が期待できます。SNSの最大の特徴でありメリットといえるでしょう。

2.3 ユーザーとコミュニケーションを図ることができる

キャンペーンの応募条件にお店のメニューやサービスについてコメントしてもらったり、写真を投稿してもらうことで、ユーザーとコミュニケーションが図ることができます。SNS上で直接コミュニケーションを図ることができるので、ユーザーは、お店に対する親近感が増し、常連客になってもらえる可能性が期待できます。

3.SNSキャンペーンの成功事例を紹介

各SNSキャンペーンの種類と成功事例を紹介していきます。

3.1 Instagramを活用したキャンペーンの種類と成功事例

Instagramのキャンペーンは、3つの種類があります。

■種類
①フォロー&いいね!キャンペーン
キャンペーン投稿に「いいね!」し、アカウントをフォローしてもらうことが応募の条件です。
フォローといいね!さえすれば、簡単に応募できるので、ユーザーは手軽に応募してもらえるのが特徴です。いいね!の数が増えると人気投稿にも掲載されやすくなるため、認知度拡大が期待できます。フォロー&いいね!をしてくれたユーザーの中から当選者を抽選します。

②コメント&いいねキャンペーン
キャンペーン投稿にコメントし、アカウントをフォローしてもらうことが応募の条件です。
商品やサービスに対してコメントしてもらうことで、ユーザーの意見を集めることができることがメリットです。コメント&いいねをしてくれたユーザーの中から当選者を抽選します。

③ハッシュタグ投稿キャンペーン
キャンペーン投稿のハッシュタグ機能を活用したキャンペーンです。
キャンペーン用のオリジナルのハッシュタグを用意し、ユーザーにハッシュタグをつけて画像を投稿してもらうことが応募の条件です。実際にユーザーが商品やサービスについて投稿してもらえるので、顧客獲得や認知度拡大が期待できます。オリジナルハッシュタグを付けて投稿してくれたユーザーの中から当選者を抽選します。

■成功事例
【吉野家】

  • キャンペーン種類:ハッシュタグ投稿キャンペーン
  • 応募条件:「#美味しい吉野家」のハッシュタグを付けて吉野家の商品を食べている時の「美味しい!」瞬間の写真を投稿
  • プレゼント内容:抽選で30名に吉野家の冷凍食品が当選
  • 成功ポイント;実際に投稿された写真は、子供たちが牛丼を美味しそうに食べている投稿が多かった。今後は主婦層をターゲットすることで、マーケティングの効果を期待できると分析ができた。投稿写真に商品と一緒に人が入ることで、吉野家に活気があるイメージを与えることができた。

3.2 Twitterを活用したキャンペーン成功事例

Twitterのキャンペーンは、さまざまな種類がありますが、その中で代表的な2つのキャンペーンを解説します。
■種類
①フォロー&リツイートキャンペーン
アカウントをフォローし、キャンペーン投稿をリツイートしてもらうことが応募の条件です。
ユーザーが手軽に応募できるので、広く拡散させることができる点がメリットです。

②フォロー&ハッシュタグキャンペーン
アカウントをフォローし、オリジナルのハッシュタグを付けて投稿してもらうことが応募の条件です。
ユーザーに投稿してもらうことで認知度拡大、話題作りが目的の場合は効果が期待できます。

■成功事例
【ケンタッキー】

  • キャンペーン種類:フォロー&リツイートキャンペーン
  • 応募条件:フォロー&キャンペーン投稿のリツイート
  • プレゼント内容:1000円分のKFCカードが抽選で200名にその場で当落が自動返信で届く
  • 成功ポイント:ひとり1日1回毎日応募することができ、その場で当落ががわかるので多くのユーザーが応募しフォロワー数が増えた。キャンペーン投稿が広く拡散されたことにより、アピールしたい商品の認知度が上がり売り上げに繋がった。

3.3 LINEを活用したキャンペーン成功事例

LINEのキャンペーンは大きく分けて2つの種類に分類されます。

種類
①オープンキャンペーン
LINEの友だち登録をし、クイズやアンケートなどに答えることが応募の条件です。友だち登録してもらうことで、自店の広告を配信できる他にユーザーのデータ(年代、性別、地域、等)を収集し、マーケティング分析することができます。

②クローズドキャンペーン
キャンペーン対象商品の購入やサービスを利用することが応募の条件です。
購入した商品に記載のQRコードやレシートなどの情報をLINEを通じて送信し応募します。

■成功事例
【ドトール】

  • キャンペーン種類:クローズドキャンペーン
  • 応募条件:対象商品購入すること。商品に記載してあるQRコードを読み取り、抽選ページから応募。
  • プレゼント内容:ドトールイーギフト500円分が抽選で1000名に当選
  • 成功ポイント:対象商品はスーパーやコンビニなどで購入できるお菓子なので、手軽にキャンペーンに応募できる。ひとり1日1回毎日応募することができるので、繰り返し商品を買ってもらえる可能性が高い。またキャンペーンのプレゼントであるドトールイーギフトはドトールのコーヒーショップで使用できるため、コーヒーショップの集客効果も期待できる。

さいごに

いかがでしたか?この記事では各SNSの種類や特徴紹介し、キャンペーンを活用して成功した事例を解説しました。各SNSのキャンペーンの内容を理解し、自店にとって最適なキャンペーンを選びましょう。今回ご紹介した成功事例を参考にSNSキャンペーンを開催してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

広田 淳