【飲食店開業に必要な資格】食品衛生責任者について解説します

飲食店を開業する際に必要な資格を教えてほしい。
調理師の免許は持っているけど、食品衛生責任者の資格はないと飲食店は開業できない?
食品衛生責任者とういう資格は聞いたことはあるが、実際どんなことができるの?


このような質問および疑問をお持ちの方のために、今回は飲食業に関わる人にとって必要な食品衛生責任者という資格について解説していきます。

飲食店の開業時に調理師の資格を持っていないと不安に思われている方がいますが、資格がなくても開業は可能です。飲食業に携わっている人にとっては一番身近な資格「食品衛生責任者」が開業時に必要です。

1.食品衛生責任者とは?

食品衛生責任者は、飲食店や食品を扱う販売店、食品製造施設など営業許可施設ごとに1人専任の設置が義務付けられています。たとえば、チェーン展開している飲食店で全店舗を取りまとめる1人の責任者が資格を取得すればいいのではなく、営業許可が下りた各店舗に1人の食品衛生責任者の資格保持者が必要となります。
ただし、調理師や栄養士、製菓衛生師などの資格をお持ちの方は受講が免除されます。
食品衛生責任者とは、どんな役割が与えられているのか幾つかまとめてみました。

・各施設において食中毒や食品衛生法違反などを起こさないように管理を行う
・従業員の健康管理を行い、体調不良があった者には休暇の指示をする
・調理場の設備等の点検や食材の保管場所での衛生面のチェックを行う
・トイレなどの清掃チェック表(衛生管理票)を作成する


衛生面のチェック業務は飲食店にとって基本です。もし衛生チェックを怠って、お店で食中毒が発生してしまったら営業停止となってしまいます。そうならないためにも有資格者が正確な衛生管理を行うことが必要です。
また、食品衛生責任者の資格は更新の必要がありません。一度取得したら永久に有効です。ただし自治体によっては、定期的に行われる実務講習の参加が義務付けられているので、事前に確認しておきましょう。

2.食品衛生責任者の資格取得方法

資格の取得方法は、各都道府県の食品衛生協会が主催する「食品衛生責任者資格取得養成講習会」の受講することで資格を取ることができます。
ご参考まで⇒一般社団法人東京都食品衛生協会
養成講習は定期的に月数回ほど開催していて、会場も複数あるので自分の受けやすい場所を探し受講すると良いでしょう。受講費は一律10,000円で、当日会場で納めます。受講内容は、衛生法規(2時間)、公衆衛生学(1時間)、食品衛生学(3時間)の3つの科目で合約6時間となります。最後に小テストも含まれていますが、これは講習をきちんと受講していれば、ほとんど回答できる内容です。1日の養成講習が終了すると食品衛生責任者手帳が交付されます。

3.食品衛生責任者手帳(受講修了書)紛失時の再交付

講習終了後に食品衛生責任者手帳が交付されますが、これが食品衛生責任者修了書になります。手帳を紛失あるいは氏名や本籍などの記載事項の変更が生じた場合は、再交付申請が可能です。紛失や変更事項などがあった場合は速やかに申請しましょう。もし食品衛生責任者が不在で営業を継続していると、行政処分として営業停止、営業許可の取り消しの対象になるので注意しましょう。
以下は、再交付の申請方法です。

①手帳を紛失した場合
手帳には個人の番号が記載してありますが、何らかの理由で再発行が必要になった時にその番号が求められるので控えておきましょう。また、再交付の手数料、送料として2,100円の費用と現住所が記載されている運転免許証やマイナンバーカードなどのコピーが必要になります。
申請方法の詳細はこちらまで⇒受講修了書再交付(東京都食品衛生協会のHP)

②記載事項の変更
氏名などの変更は戸籍抄本と手帳を用意し、自分が受講した協会へ申請します。その他の事項変更・訂正などは、その事実を証明できる書類と手帳を用意して、受講した協会へ申請します。変更手数料は自治体によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

4.食品衛生責任者はどんな場所で活躍できる?

飲食店の開業以外に食品に携わる企業に就職を希望する場合は、食品衛生責任者の資格保持者は歓迎されることが多いので、事前に資格を取るのも一つの方法です。製菓、食品製造など業態問わず、食に関わる職場であれば保持者は有利です。また、外食産業にとっては大切な人材で、資格の有無によって給与などの待遇に影響を与えることもあります。1日の講習で永久に資格保持者となるので、知識を身に付けるためのも一度講習を受講してみるのも良いでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回の記事は食品衛生責任者の資格について解説しました。
食品衛生責任者は1日の講習を受講すれば取得できる資格です。飲食店、食を扱う仕事の価値は美味しい料理、接客などだけではなく、食の安全・安心も含めて顧客・消費者へ提供することで決まります。是非“食のプロ”として知識も得られる食品衛生責任者の資格を取ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

hirotax.jp