ワインについて学ぼう~基本から各種資格までを解説~

ワインは、専門知識がないし難しいと感じてしまう人も多いかと思いますが、実は知れば知るほどワインの魅力に気づき楽しくなるお酒です。
今回は、ワイン初心者には基礎知識を身につけ、少しでもワインを語れるレベルまで達するために、そして上級者には知識の再確認の利用をしていただければと思い、ワインの基本から資格までを記事にしました。
また、ワインのプロフェッショナルであるソムリエのいるレストランであれば、お客様の料理や好みの味を考慮してワインの提供はできますが、ワインを扱っている全ての飲食店にソムリエが常駐しているわけではありません。ソムリエが在籍していない飲食店やこれからワインを扱う飲食店を開業したいという方も是非、参考にしてみてください。

1.ワインが受ける環境

ワインの味わいを決める要素は環境で、ぶどう栽培には様々な要因があります。
自然条件などによってワインが受ける環境を調べました。

  • 天候や気候
    ぶどうは収穫された年の天候によって味わいが異なります。晴れが多くて暖かかった年のワインは甘く、果実味が豊かでまろやかになります。反対に涼しかった年は酸味が多くしっかりとした味になります。一般的に天候に恵まれてできたワインを「ヴィンテージ」といい、価値のあるものと言われています。
  • 土壌と地形
    ぶどうは土から養分を吸収するため、どのような土壌であるかによって味わいも変わってきます。ぶどうの品種によって異なりますが、ぶどうは“水はけのよい”土壌を好むことがほとんどです。しかし、土壌のいい条件を選ぶのは最も難しいと言われています。例えばワインを造るエリア、製法、年度、ぶどうの品種、つくり手までは全て同じで、土壌だけ異なる畑でとれたぶどうで作ったワインはそれぞれ比較してみると、味の違いが感じられるそうです。地形は、同じ畑でも傾斜や平面によって風通しなどの微妙な自然条件の違いで、ぶどうの熟し方に影響を及ぼします。
  • つくり手
    ワインのつくり手は、ぶどうの栽培方法(品種の選定、収量など)や熟成方法・熟成する場所、収穫時期、ワインの仕込み方など様々な判断が必要となってきます。つくり手の創意工夫が大きな影響を与えているのです。

2.日本ワインと国産ワインの違い

日本ワインと国産ワインは同じで両方とも国産ぶどうを使用していると思っている人が多いかと思います。実は明確な違い(区別)があり、ワインラベルにそれぞれ表示することを義務付けられています。日本ワインは日本で栽培されたぶどうを使用し、製造されたことをいいます。一方、国産ワインは海外から輸入したぶどうや濃縮果汁を国内で製造したワインをいいます。
ある一定のルールの条件を満たせば、下記のような表ラベルに表示できます。

<日本ワインの表ラベル>
地名(ぶどうの産地、収穫地、醸造地名)、ぶどうの品種、ぶどうの収穫年数が表示できます。ただ、それぞれの地域、品種などの使用比率が85%以上、収穫年数が同一収穫年のぶどうを85%以上の使用している場合のみです

<国産ワインの表ラベル>
輸入ワイン、濃縮果汁使用等の表示することを義務づけられています。

3.ワインの飲みごろ温度

3.1 赤ワイン

赤ワインを口に含んだ時の感触や濃厚さを「ボディ」といい、フルボディ、ライトボディ、ミディアムボディの3つに分けられています。フルボディ(重口)は温度が低いとタンニンの渋みが強調されるため、ある程度高いほうが渋みにまろやかさがでて、程良い味わいになります。温度は16~18℃が適温です。ライトボディ(軽口)は、少し冷やすと口当たりがよく、すっきりと引き締まった味わいになります。温度は14~16℃が適温です。ミディアムボディ(中口)の適温は13~16℃がいいでしょう。

3.2 白ワイン

白ワインは赤ワインと違い「甘口・辛口」、または「しっかり・すっきり」といった味わいを表現しています。タンニンによる渋みが少ないので、冷やしたほうがより酸味が引き締まりフレッシュな味わいになります。温度の目安は、甘口5~8℃、辛口7~14℃が美味しさを感じられます。

3.3 ロゼ

味わいは甘口から辛口まであり、フルーティな香りがします。また、ロゼはフランス語で「ばら色」を意味し、美しいピンク色をしたワインが特徴です。温度は7~14℃が適温ですが、辛口は冷やしてすっきりと、甘口はさらに冷やす(5℃ぐらい)と甘さが口の中に残りにくく、爽やかな飲み口になります。

3.4 スパークリングワイン

発泡性のあるスパークリングワインは低温のほうが美味しく感じられます。温度が高くなると炭酸ガスが膨張し、コルクを抜栓した時に中身が勢いよく吹き出したり、炭酸ガスが抜けやすく香りや風味が損なわれます。温度は5~8℃が適温です。

4.ワインの資格

4.1 日本ソムリエ協会(JSA)ワイン検定(ブロンズクラス・シルバークラス)

ワインの基礎的な知識を普及するためを目的とした、ワインに興味のある方向けの検定試験です。検定のレベルはブロンズクラスシルバークラスに分かれており、20歳以上であれば受験が可能です。ブロンズクラスは初心者向けでワインを楽しむための基礎知識が問われ、シルバークラスではブロンズクラスを合格した人で、ソムリエなどに相談しながらワインを選定できるようになるための資格です。
(公式サイト:https://www.winekentei.com/

4.2 全日本ソムリエ連盟認定(ANSA)ワイン検定(1級・2級・3級)

全日本ソムリエ連盟認定(ANSA)のワイン検定は1級、2級、3級があり、20歳以上であれば受験可能ですが、1級のみ2級を合格していないと受験できません。各級ごとに求められるレベルは次の通りとなっています。
3級 : ワインの基礎知識を有していること。
2級 : ワインの基礎知識に加え、法律や地理などの理解とワインの提供ができること。
1級 : ワインのあらゆる知識を精通していること。
(公式サイト:https://ansa-w.com/

4.3 日本ソムリエ協会主催のソムリエ

日本ソムリエ協会主催のソムリエはアルコール飲料のある職業に3年以上携わり、資格試験日も現役であることが条件です。ソムリエ(JSA)は知名度も高く飲食業界で働く多くの方が目指す資格でもあります。
(公式サイト:https://www.sommelier.jp/exam/exam_guidance_detail2.html

4.4 ワインエキスパート

日本ソムリエ協会(JSA)が主催するワインエキスパートは20歳以上であれば受験可能です。ソムリエのように3年以上の飲食店での実務経験が必要といったことはなく、趣味としてワインが好きな方向けの資格です。
(公式サイト:https://www.sommelier.jp/exam/exam_guidance_detail2.html

4.5 WEST認定資格( wine & Spirit Education Trust)

WESTとはイギリスのワイン教育機関で、ひそかに人気を集めている国際資格です。レベルは4段階に分けられ、入門からプロ向けとなっています。 レベル4の受講・受験についてはレベル3の試験に合格していることが必須です。
レベル1:ワインの基礎知識
レベル2:テイスティングとサービスの基礎知識
レベル3:ソムリエ資格(JSA主催)レベルとテイスティング技術
レベル4:ワインの全体的な深い知識
(公式サイト:Japanese Qualifications | Wine & Spirit Education Trust

さいごに

ワインの基礎から資格まで、ほんの一部ですが紹介をしてきました。ワイン初心者の方は基礎を知って、自分の目的やレベルに合った資格が見つかったら、ワインをもっと楽しむことができます。また、既にワインを扱っている飲食店にとってソムリエは大きな存在です。ソムリエなどの資格を目指す方も、ぜひ一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

hirotax.jp