コーヒーショップ経営 S.W 様

コーヒーショップ経営 オーナー S.W 様

飲食業の経営者の気持ちをよく分かってくれるので、何でも相談できる安心感と信頼感があります

飲食業の激戦区・銀座で3年前からテイクアウト主体のコーヒーショップを経営するS.Wさん。今後の多店舗展開を見すえ、あえて「銀座」のブランドにこだわって最初の出店を決めたというS.Wさんに、昨年から顧問税理士としてサポートを受ける花房・広田税理士法人・広田税理士との関わりについて聞きました。(お名前・店舗名はご本人の希望により匿名)

■対応のレスポンスも早いので、ストレスに感じることがありません

―花房・広田税理士法人の広田税理士と出会ったきっかけから教えてください

広田さんには昨年(2019年)の初めから顧問税理士としてお世話になっています。それまでは別の税理士さんにお願いしていたのですが、連絡をしてもレスポンスが悪くてストレスに感じることが多く、コストパフォーマンスが悪いな…と思っていたんです。そこで、インターネットで他の税理士を探したのがきっかけでした。

―数ある税理士のなかで、どうして広田さんを選んだのですか?

飲食業に特化し、得意にしておられることをネットで知って、業界のことをよく理解してくださっているし、話も通じやすくて頼れるんじゃないかな…と思ったんです。飲食に特化した税理士は何名かおられましたが、最初にヒットして会ってみたのが広田さんで、すぐに「お願いしたい」と思いました。

―決め手になったのは何だったのですか?

面談してみて、私の話を親身に聞いてくれて、とくに「対応の早さ」には力を入れているということでしたから、お任せしたいと思いました。費用面でも柔軟に考えてくださって、以前の税理士さんよりも顧問料もリーズナブルになるよう検討もしてもらえ、顧客目線で考えてくれるという点が感じられたのも理由ですね。

―実際に業務をお願いしてみて、現在の満足度はいかがですか?

いやもう、大満足です(笑) 細かいことへの対応も早いですし、携帯で電話をして留守電になっても、すぐに折り返してくれます。スピード感をもって対応してくれるのでレスポンスに関するストレスがなく、信頼感につながりますね。また、人柄としても何でも相談できる親しみやすさがあるので、困ったことも気兼ねなく話すことができていますよ。

■今後の事業展開や将来像など、様々なことに相談に乗ってくれる存在

―税理士業務としては、どのような内容をお願いしているのですか。

毎月1回ミーティングを実施して、月次で会計を締め、収支に関するアドバイスをもらっています。仕入れが多過ぎたのでは?といった話や、こちらの話をしっかりヒアリングしてくれた上で、今後の経営や資金面に関する相談など広範囲なアドバイスをしてくれています。どうやって利益を出していくか、また今後の経営展開に関しても貴重な助言をもらっていますね。

―たとえばどのような話ですか?

私自身、今後店舗数も広げていきたいですし、飲食に限らずサービスの種類も増やしていきたいと考えているんです。そうした思いを踏まえて、次の出店や多店舗展開に向けて、今期はどのくらいの利益が必要か、それを挙げるためにはどうすればいいか…といった具体的なアドバイスをしてもらっています。税務会計の話にとどまらず、今後の事業展開や自分の将来像など、様々なことに対して相談に乗ってくれる存在でもあるんです。

―飲食業に特化した税理士であることの良さを感じるのはどんなときですか?

そうですね…。たとえば以前の税理士さんは飲食特化というわけではなかったので、飲食に使う材料の種類や、経費として必要なものがピンとこない…という面がありました。そのため、話をイチからしなければならず、理解してもらうまでに時間がかかる…という面があったんです。それが広田さんの場合は、あらかじめよく分かっているので、会話がスムーズに進んで話が早いです。飲食の経営者の気持ちもよく分かってくれるのもありがたいですね。

―今後、期待することを教えてください。

将来的には飲食店の集客支援やプロモーションなどのサービスも手掛けたいと考えていまして、そうした事業計画の具体化や、それに伴う金融機関との付き合いのフォローなど、いっそうサポートしてもらいたいな…と期待しています。また、次の店舗の準備などに際して、良い業者さんなどを紹介してもらえる点でも頼りにしていますし、年齢は広田さんが10歳くらい上なので、これからも良い兄貴分としていろいろ教えてほしいですね。

【広田税理士より】

S.Wさんはお店のコンセプトが明確で、客層のターゲットもはっきりしているので、ビジネスとしての成長性も今後大きく期待できると思います。現在の銀座の店舗がいっそう軌道に乗っていけば、おそらく他のどのエリアでも成功できるに違いありません。集客についても現在のトレンドを上手に活用できるノウハウがありますから、私自身も勉強させてもらいながらこれからも一緒に頑張りたいですね。

<取材・構成/栗栖直樹(株式会社エスクリエート)>