飲食店向けクラウドファンディングを徹底比較、成功事例を紹介!

近年、日本でも利用者が広まっている「クラウドファンディング」。このシステムを活用して資金を調達する飲食店が増えてきているのをご存じでしょうか?
クラウドファンディングという言葉は知っていても、次のような疑問を抱えている飲食店経営者の方も多いのではないでしょうか。

「クラウドファンディングとはどういうシステムなの?」
「どうすれば自分のお店でも利用できるのか?」
「どのクラウドファンディングサービスが優良なのか比較したい!」

この記事ではそのようなお悩みを解決できるよう、クラウドファンディングについて、飲食店におすすめのクラウドファンディングサービスを比較し、成功事例などを紹介します。ご参考にしてみて下さい。

1. クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)という言葉を組み合わせた造語です。個人・法人にかかわらず、インターネットを通じて不特定多数の人に資金提供を呼びかけ、趣旨に賛同した人から資金を集める仕組みです。
近年、インターネットの浸透や、ネット決済が普及したことから、ますます注目を集めるようになりました。クラウドファンディングは、大きく分けて「購入型」「寄付型」「投資型」「融資型」の4つのタイプに分類されます。

1.1 購入型クラウドファンディング

資金支援者はお金を支援し、そのリターンとして、モノやサービスを受けることができるのが、大きな特徴です。プロジェクトでしか手に入らない特別なモノ・サービスや選考割引価格で購入することもできます。購入型の目的は寄付や出資ではなく、あくまでも支援することが目的で行われています。

1.2 寄付型クラウドファンディング

寄付を行いたい人が、クラウドファンディングを運営している事業者を通じて、プロジェクトに金銭の寄付を行います。基本的にリターンはなく、募金活動と同じ意味合いと考えるとわかりやすいかもしれません。

1.3 投資型クラウドファンディング

「ファンド型」と「株式型」の2種類があります。ファンド型は、個人ではなく、企業がおこなう資金調達の1つで、個人投資家へ未公開株を提供する代わりに資金を募る仕組みです。株式型は、ファンド型と同じく企業がおこなう資金調達の1つで、特定の事業に対して個人投資家から資金を募る仕組みです。

1.4 融資型クラウドファンディング

インターネットを経由して資金調達を行いたい企業と、資産運用をしたい個人とをマッチングさせ資金調達を行います。

2.クラウドファンディングで飲食店開業資金を調達できる?

では、クラウドファンディングで飲食店開業資金は調達できるのでしょうか。
飲食店を開業するには多額の初期費用が必要となります。こうした費用は、貯金や金融機関からの融資を受け、資金調達することが一般的でしたが、近年では「クラウドファンディング」というシステムを使って資金調達をし、実際に飲食店開業を成功させた事例が増えています。飲食店を開業したいという発案者の想いに共感し、クラウドファンディングで、資金を支援をしてもらうことで開業までのステップを歩むことができるのです。
先に述べた通り、クラウドファンディングは4つのタイプに分類されていますが、日本では、「購入型クラウドファンディング」が最も普及されています。飲食店のクラウドファンディングについても、「購入型」を活用するのが一般的です。

3.飲食店におすすめのクラウドファンディングサービス5サイトを徹底比較!

クラウドファンディングを提供するサービスサイトで、メジャーなサイト5サイトを紹介します。
自分に合ったサービスやプランを比較して、自分の目的を達成できそうなクラウドファンディングサイトを見つけましょう。

3.1 Makuake(マクアケ)

【マクアケHPサイト】

種 類 購入型クラウドファンディング
運営会社 株式会社マクアケ(株式会社サイバーエージェントグループ)
特 徴 国内の飲食店ジャンルにおいて「支援調達額No.1」「プロジェクト掲載数No.1」に輝いています。 Makuakeでは、1つのプロジェクトに対し、1人の担当者がつくので、クラウドファンディング初心者の人でも安心です。
手数料 20%(決済手数料5%含む)

3.2 Ready for(レディフォー)

【Ready for(レディフォー)HPサイト】

種 類 購入型クラウドファンディング※寄付型もあり
運営会社 株式会社READYFOR
特 徴 日本で初めてのクラウドファンディングサービスです。社会貢献型のプロジェクトが多く、NPO法人や地方自治体も多く活用しています。
手数料 ■シンプルプラン12%(決済手数料5%含む)
シンプルプランの特徴は手数料の安さです。クラウドファンディング経験者の方におすすめです。
■フルサポートプラン17%(決済手数料5%含む)
フ一番の特徴は担当のキュレーター(担当者)が付いてサポートしてくれるところです。
担当キュレーターがクラウドファンディングの企画やリターンの内容などサポートをしてくれるので、初めてクラウドファンディングを始めようという方でも安心して企画を実施できます。

3.3 GREEN FUNDING(グリーンファンディング)

【GREEN FUNDING(グリーンファンディング)HPサイト】

種 類 購入型クラウドファンディング
運営会社 株式会社ワンモア
特 徴 TSUTAYAの店舗と提携し、ネットだけでなくリアル店舗での展示や販売、体験会を行っています。メディアと連携したプロモーションなど、資金調達以外のマーケティング支援も期待できます。
手数料 20%(決済手数料5%含む)

3.4 CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

【CAMPFIRE(キャンプファイヤー)HPサイト】

種 類 購入型クラウドファンディング
運営会社 株式会社CAMPFIRE
特 徴 国内の「プロジェクト成立件数No.1」に輝きました。日本最大級のクラウドファンディングです。クラウドファンディング初心者に向けてWEB無料診断も行っており、プロジェクトを立ち上げる前に入念に計画を立てることができます。
手数料 17%(決済手数料5%含む)

3.5 3rd table(サードテーブル)

【3rd table(サードテーブル)HPサイト】

種 類 購入型クラウドファンディング
運営会社 株式会社CAMPFIRE ※Retty株式会社より資産譲受。2019年4月15日よりCAMPFIRE上にて運営を開始。
特 徴 飲食店に特化したクラウドファンディングです。飲食店開業後の店舗運営などサポートが手厚く、飲食業経営が初めてという人でも安心して取り組むことができます。
手数料 17%(決済手数料5%含む)

4.飲食店クラウドファンディングの成功事例を紹介!

飲食店クラウドファンディングの成功事例を3つ紹介します。
イメージを膨らませていただければと思います。

成功事例①:ローストホース

成功事例①:ローストホース
クラウドファンディングサービス:Makuake
目標金額300万円を大きく上回り600万円以上を調達しています。
支援者はローストホースの会員になれる権利がもらえ、最初の1年間は6,500円で飲み放題・食べ放題の特典付きというものです。お得なリターンを打ち出して500人以上の支援者を集めましたが、予約が困難になる可能性があると判断し、途中で募集を打ち切られました。
支援者にとって魅力的なリターンを打ち出したことが成功に繋がったと考えられます。

成功事例②:クリスベーカリー

成功事例②:クリスベーカリー
クラウドファンディングサービス:REDYFOR
目標金額150万円に対し、160万円以上を調達しています。
無添加で安全な食パンを売る吉祥寺のお店の2号店出店に際し、資金が不足しているために行ったクラウドファンディングです。リターンは食パン7,000円や、パンの定期配達6,000円相当を3ヶ月で150,000円などです。現在、店舗は無事オープンしています。

成功事例③:宮城漁師酒場 魚谷屋

成功事例3:宮③漁師酒場 魚谷屋
クラウドファンディングサービス:CAMPFIRE
目標金額300万円に対し、493万円を調達しています。
東京・中野にある漁師居酒屋「魚谷屋」は、「宮城県の良さを発信したい」という想いで開業した海鮮系居酒屋です。創業者の魚谷浩氏は、兵庫県で阪神淡路大震災を経験、東日本大震災の時にはボランティアとして1年以上も宮城県に関わっていたのです。その時に宮城県の良さを発信していこうと決意し、「宮城漁師酒場 魚谷屋」の立ち上げを決めました。
多くの人の共感を生むストーリーは、クラウドファンディングとの相性も良いことが分かりますね。

さいごに

この記事では、飲食店におすすめのクラウドファンディングサービスの仕組みや成功事例を紹介してきました。今回紹介した成功事例を参考に、自身の熱い想いをまとめてみてください。お客様が興味を持つようなお店のコンセプト作りや魅力的なリターンを考えた上で、さまざまなクラウドファンディングサービスの中から、最適なものを選びましょう。
ただし、目標金額に達成せず、資金調達できない事例もたくさんあります。クラウドファンディングは入念な計画を立てなければ成功はあり得ません。クラウドファンディングを始める前に、プロジェクト成立度はどのくらいか、成立されるためにはどのくらいの人から支援を見込めそうか、など事前に情報収集しておくことが重要です。