『飲食店の領収書や請求書、帳簿などはいつまで保存すればいいの?』

保存しなければならない書類の量は膨大になります。
一年以上前の領収書や請求書を引っ張り出して見ることは稀です。

税務上、帳簿や領収書などの資料の法定保存期間は7年間です。

法律に詳しい方は、
会社法上商取引の時効は5年でしょ?
税金の時効も5年だから、書類も5年保存でいいのでは?
と思われるかもしれません。

通常の税務調査では、3年分を調査します。
ところが、
不正、偽りがある場合には時効は2年間ストップして7年間さかのぼって徴税することができるのです。

3年分をの手元に保存し、
4年から7年までのものを倉庫などに保存することをおすすめします。
後ろめたい申告をしてしまった方は、5年分手元に置いておいた方がいいかもしれません。