『税務調査は名誉なことです!』

経営をはじめると毎年、「申告書」を税務署に提出します。
その申告が正しいかどうかを税務署が調査しに来るのが税務調査です。

なぜ来るのか?
いつ来るのか?
は税務署だけしかわかりません。
しかし、来る可能性が高いお店があります。

それは、
①黒字のお店
②売上や利益が急激に増加しているお店 です。

つまり、税務調査が行われるということは、
「お店が儲かっている」と言い換えることもできるのです。

日本の会社の7割は赤字です。
残りの3割の黒字会社の中から選ばれて来ると思えば、とても名誉なことだと思います。