『飲食店を会社にしたければ、合同会社をおすすめします』

合同会社って何?ってお思いの方もいらっしゃるかと思います。

合同会社は、
経営者と出資者が同一であるという特徴があります。

株式会社は、実際に事業を行う「経営者」と会社の所有者にあたる「出資者(株主)」が必ずしも一致しているわけではありません。
「雇われ店長」が好例です。
合同会社にした場合、「雇われ店長」は存在しないことになります。

また、会社を設立した場合、登記が必要となります。
この登記費用が合同会社の場合は6万円、株式会社の場合は20万円です。
また場合によっては決算公告に毎年6万円かかる場合もあります。
また役員の任期があるのでその度に登記費用がかかります。

飲食店の場合は会社名を表に出して商売することはまずないので、合同会社だから、株式会社だからとの理由で、売り上げに差が出るとは考えにくいです。

まとめると、

株式会社と比べたメリットは、
・設立費用が安いことです。

株式会社と比べたデメリット
・上場ができない
・知名度が低い
・社長は「代表取締役」ではなく「代表社員」という耳慣れない肩書になる。