『飲食店の領収書に印紙が必要な時は?』

印紙を貼らないとどうなるの?

5万円以上の領収証には、印紙を貼ることが義務付けられています。
5万円以上~100万円以下の場合、貼付する印紙は200円です。
印紙を貼り付ける義務は書類を作成した側、つまり、お店側にあります。

この印紙を貼り忘れてしまった場合、その領収証の効力はどうなるのでしょう?

印紙が貼ってなくても、領収証としては有効です。
お客さんには特に問題はありません。

しかし、お店側には問題があります。
最も重たいペナルティを課せられるのは税務調査で発覚した時です。
本来必要であった200円とその2倍に相当する400円との合計額、600円が過怠税として徴収されることになります。
もし税務調査を受ける前に、自主的に申し出たときは1.1倍の220円に軽減されます。

いずれにせよ、印紙の貼り忘れにはご注意ください。

なぜ印紙を貼る必要があるのでしょうか?

それは、

経済取引に伴い作成される文書(領収証)の背後には
「経済的な利益があると推定される」ため
印紙を貼らなくてはなりません。

領収証を作成することによって取引事実が明確化し、
法律関係が安定化することに着目して税金の負担を求めています。

ちなみに印紙は、「印紙税」という税金です。
印紙を購入し、領収書に添付し、割印をする事によって納付したことになります。