『個人事業主が法人を設立する際に準備する印鑑について』

登記申請と同時に、会社の代表印も法務局に届け出ます。
代表印として届け出る印鑑は、一辺の長さが1センチ以上3センチ以内の正方形に収まるものでなければなりません。

通常は、代表取締役の職印を実印として届け出る場合がほとんどですが、代表取締役個人の実印や認印を、会社の実印として使用することも可能です。

代表取締役の職印は、丸い印鑑の中央に「代表取締役之印」と彫り、その周りに会社名を入れてつくるのが一般的です。

また、代表印以外に銀行印の作成もおすすめします。

代表印さえあれば、銀行口座の開設や契約書の押印などすべてまかなえます。
ですが、会社の実印を頻繁に持ち出すのはセキュリティ面からあまりお勧めできません。
銀行口座を開設するために銀行印も併せてつくっておいた方がいいと思います。

銀行印は通常、代表取締役印と同じように、丸い印鑑の外側に会社名を入れ、内側には「銀行之印」と彫ったものをつくります。