『飲食店を開業したけど、税理士・司法書士・社労士・・・誰に何を頼めばいいの?』

様々な手続きは自分で行うことできます。
しかしこれらの手続きに時間を使うより、
お店の経営を軌道に乗せることに時間を使うことが重要です。
そのために、法律や税金の手続きは専門家に任せて、営業に専念することをお勧めします。

税理士

決算書の作成や法人税、消費税の申告書の作成を行います。
資金繰りの相談など、お金に関するあらゆるサポートをしてくれる存在です。

司法書士

法務局への登記など、会社の設立に関する手続きをサポートしてくれます。
設立のときだけでなく登記事項に変更があったときにも変更登記を代行してくれます。

社労士

社会保険料(健康保険・厚生年金)、労働保険料(雇用保険・労災保険)の計算や手続きを代行してくれます。
業務中に労災事故が起きたときの処理や、助成金の書類作成なども代行してくれます。