『仮想通貨引受会社の現状と市場規模予測』

仮想通貨の市場規模ですが、bitcoin feedによると、2017年当初は約2兆円だったものが、2018年1月には90兆円を超える規模になりました。
その後、取引所のトラブルなどで価格が不安定になり、40兆円台と冷え込んだこともありますが、総じて拡大推移基調とみられています。
仮想通貨別の市場規模とベスト5(bitcoin feed 2018年3月)は次のとおりです。
以下の5つを合わせて約1600種類あると言われています。

①ビットコイン 13兆円
②イーサリアム 4.5兆円
③リップル 2.2兆円
④ビットコインキャッシュ 1.5兆円
⑤ライトコイン 0.77兆円

仮想通貨と言えばビットコインを連想するくらい、まさにビットコインは知名度と共に取引量も圧倒しています。
仮想通貨の基軸通貨として、多くの取引所でビットコイン建て取引ができるそうです。

イーサリアムも、急速に規模を拡大しており、ビットコインを超える機能を持ち、その存在感を高めています。
また、ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォーク(ブロックチェーンの分岐)として注目を集めています。

仮想通貨の市場規模の予測としては、今後も規模や成長率の拡大が期待できると思います。
その理由としては、
証券取引所等のレベルに比べてまだまだ小さい点、
仮想通貨が多くの取引所で取引できるようになって1〜2年しか経っていない点、
多くの優れた機能と社会適合できる機能を持った仮想通貨がたくさん出現している点、
ビットコインについては先物上場の実現やNASDAQでの上場も予定されていることが挙げられます。

何より、現実的なこととして、飲食店や家電量販店で商品を購入した際、ビットコインを使って決済できる店舗が増えており、インターネットでの買い物でもクレジットカードの代わりにビットコインで決済できるケースが増えてきました。
今後、あらゆる店舗やWEBサイトで仮想通貨による決済が可能になれば、クレジットカードも不要となり、また、銀行口座よりもビットコインの口座のほうが開設しやすい点なども踏まえると、今後、加速度的に浸透する可能性もあるといえるのではないでしょうか。

さらに、ビットコインを購入できるATMも置かれるようになり、一部金融機関では仮想通貨取引所と提携し、ATMから日本円を入出金できるサービスも計画されているようです。
今後、ビットコインを中心にATMが増加し、近い将来、証券会社やFX会社、銀行でも仮想通貨が買えるかもしれません。