『地方圏の商業地の地価が26年ぶりに上昇』

地価上昇の波は都心部から地方にも

国土交通省は平成30年3月27日、
全国の土地の価格を示す公示地価(平成30年1月1日時点)を発表しました。

それによると、
全国平均では、住宅地の平均変動率が昨年の横ばいから0.3%上昇し、
10年ぶりにプラスに転じました。
商業地はプラス1.9%、全用途平均はプラス0.7%でいずれも3年連続の上昇です。
工業地でもプラス0.8%で2年連続の上昇となりました。

国土交通省では、
住宅地について
「全国的に雇用・所得環境が改善する中で、利便性の高い地域を中心に地価が回復している」
と分析しています。

また、商業地については、
「外国人観光客の増加などに伴い、店舗やホテルなどの進出意欲が依然として強い」、
「オフィスの空室率の低下などによる収益性の向上」といった背景から
「地下は総じて堅調に推移している」との見方を示しています。

東京・大阪・名古屋の三大都市圏をみると、
住宅地は0.7%上昇(東京圏1.0%上昇、大阪圏0.1%上昇、名古屋圏0.8%上昇)、
商業地は3.9%上昇(東京圏3.7%上昇、大阪圏4.7%上昇、名古屋圏3.3%上昇)、
工業地は1.5%上昇(東京圏2.3%上昇、大阪圏1.3%上昇、名古屋圏0.2%上昇)となりました。
大阪圏の住宅地の上昇はわずかですが、商業地では大きなプラスとなっています。

今回の大きな特徴といえるのが、三大都市圏以外の地方圏の地価上昇です。
商業地の平均はプラス0.5%となり、平成4年以来26年ぶりの上昇となりました。
住宅地を含めた全用途の平均でも、26年ぶりに下落を脱して横ばいに転じています。

特に、札幌、仙台、広島、福岡の地方中核4市では、地価の上昇が目立っており、
住宅地がプラス3.3%、商業地はプラス7.9%、工業地はプラス3.3%と伸ばしています。
地域によって格差はみられるものの、
地価上昇の波は都心部から地方圏へと広がっていることがうかがえます。

最高価格は銀座「山野楽器」

全国最高地価地点は、
東京・銀座4丁目の山野楽器銀座本店で1平方メートル当たり5,550万円です。

1位 東京都中央区銀座4-5-6 5,550万円
2位 東京都中央区銀座5-4-3 4,700万円
3位 東京都中央区銀座2-6-7 4,060万円
4位 東京都中央区銀座7-9-19 4,010万円
5位 東京都千代田区丸の内2-4-1 3,570万円
6位 東京都新宿区新宿3丁目807番1外 3,400万円
7位 東京都新宿区新宿3-30-11 3,320万円
8位 東京都中央区銀座6-8-3 2,910万円
9位 東京都中央区銀座4-2-15 2,810万円
10位 東京都千代田区大手町2-2-1 2,750万円

今回初めて住宅地の最高価格地点となったのは、
アメリカ大使館やスペイン大使館付近の港区赤坂1丁目1424番1で、
1平方メートル当たり401万円です。
新興の富裕層によるマンション需要が旺盛で、
昨年まで全国の住宅地の最高価格地点だった千代田区番町地区を赤坂地区が逆転しました。

1位 東京都港区赤坂1-14-11 401万円
2位 東京都千代田区六番町6番1外 385万円
3位 東京都港区白金台3-16-10 336万円
4位 東京都港区南麻布4丁目19番1 301万円
5位 東京都千代田区三番町6番25 297万円
6位 東京都千代田区一番町16-3 290万円
7位 東京都港区南麻布1-5-11 281万円
8位 東京都千代田区九段北2-3-25 280万円
9位 東京都千代田区平河町2-4-13 246万円
10位 東京都港区赤坂6-19-23 241万円

全国の変動率の上位を見ると、
住宅地ではスキーリゾート地域のニセコ観光圏の一翼を担う倶知安町が1位から3位を独占。
倶知安町は商業地でも変動率1位となりました。

1位 北海道虻田郡倶知安町南3条東1丁目16番9外 33.3%
2位 北海道虻田郡倶知安町字山田83番29 31.6%
3位 北海道虻田郡倶知安町北7条西4丁目1番33 25.9%
4位 沖縄県那覇市おもろまち3-6-20 17.4%
5位 沖縄県浦添市西原5-19-12 17.3%
6位 沖縄県那覇市天久1-7-21 16.2%
7位 沖縄県中頭郡北谷町字伊平伊礼原260番7 12.8%
8位 沖縄県中頭郡中城村字南上原中坂田原840番7 12.1%
9位 沖縄県那覇市首里金城町1丁目19番6 12.0%
10位 福岡県福岡市東区千早4-10-1 12.0%

東京圏における商業地の変動率トップ10を見ると、
渋谷駅前の大規模な再開発の影響などにより、渋谷区内の8地点が2位と4~10位を占めました。

1位 中央区銀座6-8-3 16.9%
2位 渋谷区道玄坂2-29-19 16.8%
3位 中央区銀座3-7-1 16.2%
4位 渋谷区神宮前4-26-18 15.7%
5位 渋谷区神宮前1-13-11 15.3%
6位 渋谷区宇田川町25-5 15.0%
7位 渋谷区神宮前6-23-3 14.0%
8位 渋谷区渋谷2-9-9 13.8%
9位 渋谷区道玄坂2-6-17 13.8%
10位 渋谷区神宮前1-6-11 13.7%

また、外国人旅行者などでにぎわう大阪圏の商業地の変動率1位は、
大阪市中央区道頓堀1丁目のふぐの店「つぼらや」で、変動率はプラス27.5%。
近年、大阪圏の上昇率は勢いが増しており、
今回も変動率トップ5までがプラス20%を超えています。

1位 大阪市中央区道頓堀1-6-10 27.5%
2位 大阪市中央区宗右衛門町7-2 22.5%
3位 大阪市北区茶屋町12-6 21.0%
4位 市浪速区日本橋4-7-20 20.0%
5位 大阪市中央区心斎橋筋2-8-5 20.0%
6位 大阪市北区小松原町4-5 19.8%
7位 堺市北区中百舌鳥町2丁92番外 19.6%
8位 大阪市北区堂島1-2-9 17.9%
9位 大阪市浪速区元町3-1-4 17.9%
10位 大阪市北区芝田1-4-14 17.5%