『飲食店を開業するための準備② お店のコンセプト』

飲食店を開業するにあたって一番重要なのが、「お店のコンセプト」です。

開業を決めた時、なんとなく「こういうお店をやりたいな」と考えたと思います。

しかしその曖昧なコンセプトのまま開業してしまうと、必ずといっていいほど失敗します。

コンセプトなくスタートしたお店は売上げが伸び悩んだ場合、迷走を始めます。

迷走した結果、「何を誰にどういう風に提供したらいいのか」がわからなくなり、メニュー数がやたら増えたり、広告宣伝費を増やしたり。。。

結果、メニュー数を増やしたことで在庫や仕入ロスが増えたり、ターゲットを絞り切れていない状態で広告をかけて無駄な費用を費やすことになります。

 

開業される方の中には「なんとなく」のままで開業される方が意外と多いのです。

開業が“夢”の段階ならば、頭の中で「あーいう感じ」「こーいう感じ」と思いを巡らせるのもいいでしょう。

しかし、夢ではなく実際に自分の生活の糧となる飲食店開業を目指す場合は、具体的にお店のコンセプトを考える必要があります。

コンセプトなくして、飲食店経営の成功はあり得ません。