『飲食店の経営で会社設立を考えた場合』

会社設立には何種類かありますが、飲食店経営に向いているのは、

合同会社、株式会社の2つでしょう。

合同会社と株式会社の違いは、設立時にかかる費用が違います。

会社を設立した場合、登記が必要となります。
この登記費用が合同会社の場合は6万円、株式会社の場合は20万円です。
また場合によっては決算公告に毎年6万円かかる場合もあります。また役員の任期があるのでその度に登記費用がかかります。

その他の違いとしては、
株式会社は融資を受けなくても株式を発行する事で資本を集める事ができます。
また社会的に信用が高いのもどちらかと言うと株式会社でしょう。
また将来、上場等を考えている場合は株式会社である必要があります。

しかし、飲食店の場合は会社名を表に出して商売することはまずないので、合同会社だから、株式会社だからとの理由で、売り上げに差が出るとは考えにくいです。

会社設立をお考えの場合は、まず合同会社で設立後、上場等を視野に入れて株式会社へ変更する事も可能です。