『飲食店は喫煙 or 禁煙 どちらがよいか?』

2020年のオリンピック・パラリンピック開催を控え、日本も受動喫煙対策強化が話題になっています。

近い将来、飲食店でもある一定の条件下では全面禁煙が当たり前になっているかもしれません。

 

飲食店を経営されている方の中には「禁煙にしたら客数が減って売上が落ちる」と心配されている方もいるでしょう。

しかし「禁煙にしたら他の客層が増えて売上が逆に上がった」という話もあります。

 

客層や業態によって「禁煙」の影響がどれくらいあるかまだ詳しい調査結果はでていませんが、禁煙・分煙が可能な設備を設置にするために使える補助金や助成金があるようなので、ご紹介します。

分煙環境整備補助金

こちらは東京都の補助金です。

受動喫煙防止対策助成金

こちらは厚生労働省の助成金です。

 

最近は喫煙者の方が肩身の狭い思いをすることがあると聞きます。

喫煙者もそうじゃない人もお互いが嫌な思いをしないためにも、

分煙や禁煙のルールの設定、喫煙スペースの確保が重要になってくるでしょう。