『健康保険の任意継続について』

飲食店専門の広田税理士事務所です。

今日はよくご質問を頂く健康保険の任意継続についてご説明します。

 

1.任意継続とは

それまで会社で社会保険の健康保険に加入していた場合、退職後2年間はその社会保険の健康保険に加入し続けることが出来ます。

 

健康保険には、会社で加入している社会保険の健康保険と個人で加入する国民健康保険があります。

会社を退職した場合には国民健康保険となりますが、退職前に社会保険の健康保険の加入していた場合で希望した時は退職後2年間は社会保険の健康保険に加入できる制度です。

 

2メリット

国民健康保険には“扶養”という考えがありません。あなたの奥さんが専業主婦で収入がなくても、奥さん自身が健康保険料を支払う事になります。しかし任意継続の場合は専業主婦である奥さんを扶養に入れることが出来ます。つまり一人分の保険料で扶養家族分もまかなえるという事になります。

また、任意継続の保険料には最高限度額というのがあるので、在職中に高額な給料をもらっていた場合は保険料が安くなる場合があります。また開業して所得が増えたとしても在職中の給料を基に保険料を計算しますので、国民健康保険料よりも安い場合があります。

 

3、デメリット

任意継続は退職後20日以内にご自身で組合に行って手続きする必要があります。

 

任意継続は加入する組合によって加入する資格、受取れる給付等の詳細は異なります。

任意継続をお考えの場合は、組合に問い合わせしてみましょう。

またご自身のお住まいの役所に問い合わせれば国民健康保険の保険料を教えてくれます。

任意継続と国民健康保険とどちらが自分にとってお得かを調べてみましょう。

 

ここで注意ですが、任意継続できるのは健康保険だけです。年金については任意継続できないので、国民年金に加入する必要があります。

 

健康保険・年金の手続きはわかりにくく面倒ですが、生活していく上で必ず必要なものです。退職後、開業前に早めに手続きしましょう。