『納税のための準備を用意しておきましょう!』

個人で飲食店を経営されている方は、3月15日が所得税の納税期限となります。

消費税が課税される方は3月31日が納税期限です。

 

所得税や住民税、事業税は所得(=利益)が出なければ、

納税する必要はありません。

しかし消費税はいくら赤字であっても、納税しなければならない場合があります。

「赤字なのに?」と思われるかもしれません。

 

消費税は2年前の売上が1,000万円をこえると、“課税事業者”となります。

例えば:2015年の売上が1000万円を超える

⇒2017年は課税事業者となる

⇒2018年3月31までに2017年の消費税を納付しなければならない

 

ところで消費税を負担しているのは、誰だと思いますか?

それはあなたのお店に食べに来てくれたお客さんです。

あなたはお客さんから会計時に代金と一緒に消費税分の金額を受け取っています。

お客さんが負担した消費税を預かっているのです。

預かった消費税をお客さんに代わって、あなたが納税します。

これが消費税の仕組みです。

あなたも材料を買ったり電気代を払ったり、消費税を負担しています。

「あなたが売上時に預かった消費税」

から

「あなたが仕入時などに負担した消費税」

をひいたものが、

「あなたが納税しなければならない消費税」

となります。

 

なので、いくら赤字であっても、預かったものを代わりに納税する義務があります。

3月31日に「そんなお金ない!」と慌てなくて済むように、

どれくらいの納税金額になるか確認しておく(顧問の税理士に確認する)、

消費税納税用に他にキャッシュを用意するなど、

事前に対策をしておきましょう。