『飲食店での独立開業、自己資金はいくら必要か?』

東京で、個人で飲食店を開業する場合、

最低1000万円くらいが必要となるでしょう。

(希望する年商の50%くらいと考えましょう)

開業するには以下の費用が発生します。

①不動産取得資金(店舗を借りる)

②設備費用(内装や厨房機器)

③開店後の運転資金(2~3か月分)

このうち、

自己資金(自分の貯蓄+親族からの援助)で用意する金額は、

最低でも300万円はあった方がいいでしょう。

残りの金額の融資を受けるとしても、

融資を受ける前に不動産契約をするケースがほとんどです。

融資を受ける前に、

保証金仲介手数料礼金前家賃で300万円くらいが必要となります。