『飲食店のアルバイトの源泉徴収は面倒ですが・・・』

雇われていたときは、
給料から所得税・社会保険料などが引かれていたと思います。

飲食店を開業し、雇った人に給料を支払う場合、
今度は経営者が源泉徴収義務者となって、
源泉所得税を預からなければなりません。
そして、給料を支払った月の翌月10日までに税務署に支払わなければなりません。

この源泉徴収制度とは、
本来なら給料をもらう人が納めるべき税金を、
経営者が預って代わりに納めてあげる制度です。