『令和元年8月30日に経済産業省より公表されました!! 「令和2年度の概算要求」』

概算要求とは?

概算要求とは、政府の各省庁が
来年度の政策に必要な予算(経費)を要求書にまとめ、
毎年8月末までに財務省に提出する予算要求のことです。

予算の推移

・H30年度:1,110億円
・H31/R1年度:1,117億円
・R2年度:1,386億円(要求)

<中小企業・小規模事業者政策のポイント>
1.事業承継・再編・創業等による新陳代謝の促進
2.生産性向上・デジタル化・働き方改革
3.地域の稼ぐ力の強化・インバウンドの拡大

注目の政策

①ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業(70億円)
複数の中小企業・小規模事業者等が、
事業者間でデータを共有・活用することで
生産性を高める高度なプロジェクトを支援する。

②地方公共団体による小規模事業者支援推進事業(20億円)
地方公共団体が小規模事業者等に対して、
経営計画を作成する取組や、その経営計画に基づき販路開拓に取り組む費用や
事業継続力強化に資する取組を支援する。

③親族以外の第三者による事業承継の促進(創設)
継者不在の中小企業について、
親族以外の第三者よるM&A等を通じた事業承継を促進するための措置を要望。

④地域未来投資促進事業(158億円)
地域でのイノベーション創出に向けた支援体制を強化し、
事業化戦略の策定、ものづくりやAI人材を活用したサービスの開発等を支援する。